読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

L'aube de l'horizon

ごきげんよう

2017年4月の読書記

4月の読書メーター読んだ本の数:6読んだページ数:1797ナイス数:66

2017年3月の読書記

2017年3月の読書メーター 読んだ本の数:12冊 読んだページ数:2880ページ ナイス数:36ナイス

2017年2月の読書記録

2月の読書メーター読んだ本の数:8読んだページ数:1715ナイス数:27

2017年1月の読書記録

1月の読書メーター読んだ本の数:5読んだページ数:1395ナイス数:63

『ユリイカ』2014年12月号の感想を踏まえての百合論考

本日はタイトル通り、『ユリイカ』2014年12月号を読んだことを踏まえて、自分にとって「百合」というジャンルがどういった位置付けを占めているかを考えていきたい。もう刊行から1年経ってるじゃないかとか、つまらない突っ込み禁止!ユリイカ 2014年12月号 …

2014年の読書

今年読んだ本の中で、特に感銘を受けた本を10冊ピックアップ。内容としては堅めのもの。柔らかめのものはアニメや漫画と一緒にエンタメ枠でお送りする予定。人間不平等起原論・社会契約論 (中公クラシックス)作者: ルソー,Jean‐Jacques Rousseau,小林善彦,井…

こんな時だから坂口安吾『続堕落論』も読んでみた

せっかくなので、昨日に引き続き『続堕落論』も読んでみた。ただそれだけのお話。昨日触れた通り、『堕落論』は戦時体制や武士道による幕藩体制など、新旧の秩序の欺瞞を白日の下に曝したが、『続堕落論』は日本人(特に農民)の美徳と言われる「耐乏」、「忍…

こんな時だから坂口安吾『堕落論』を読む 

人間は堕落する。義士も聖女も堕落する。それを防ぐことはできないし、防ぐことによって人を救うことはできない。人間は生き、人間は堕ちる。そのこと以外の中に人間を救う便利な近道はない。坂口安吾『堕落論 新装版』角川文庫 118頁 戦後間もない1946年4月…

Cheer for Democracy!

はてなダイアリーで記事を書くのは滅茶苦茶久しぶりです。今まで何かを書くほどの熱意が湧き立たず、放置した結果がこれだよ!ところで、本日4月4日は私の尊敬する『銀河英雄伝説』のヤン・ウェンリー(楊文里)の誕生日です。ということで、民主主義について…