L'aube de l'horizon

ごきげんよう

雑記

5/3 第3回ソラヲフ

間が空いたけど記事を。昨年の第1回ソラヲフの記事およびアニメ「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」のレビューはこちら。 kamikami3594.hatenablog.com 第3回ソラヲフ

2017年4月の読書記

4月の読書メーター読んだ本の数:6読んだページ数:1797ナイス数:66

2017年3月の読書記

2017年3月の読書メーター 読んだ本の数:12冊 読んだページ数:2880ページ ナイス数:36ナイス

2017年2月の読書記録

2月の読書メーター読んだ本の数:8読んだページ数:1715ナイス数:27

2017年1月の読書記録

1月の読書メーター読んだ本の数:5読んだページ数:1395ナイス数:63

2017年

新年明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。

2016年のまとめ

毎年形式が異なるけど、今年もこれで最後だし、今年の印象に残った事柄について振り返ってみることにする。主に趣味関係を中心に。

上洛して訪れたいスポット

11/18~23に近畿地方(京都・大阪・奈良)に滞在することになった。というわけで、訪れたいスポットの凡そをリストアップして旅のイメージをしておきたい。当日の現地の天候やそのほかの事情、あるいはその場のノリで多少変わるかもしれないけど。伏見・宇治→…

"文学少女"シリーズ

今日は、ここしばらく燻り続けていた思いに一区切りを付けたいと思う。こうでもしないと平穏かつ清明な気持ちで自分の思いを綴ることができなくなるからだ。今回のお題はこの作品。ライトノベル界隈では名作として名高い作品である。“文学少女"シリーズ 本編…

9/13 GLFes15 in蒲田

本日は蒲田の大田区産業プラザ(PiO) まで百合オンリーイベント「Girls Love Festival15」に参加しました。 こ↑こ↓を訪れたのは、昔公務員試験の面接で苦杯を舐めて以来だから感慨深い。

Automatic

早いもので、現在の職場で仕事を始めて3週間になる。職場の雰囲気、人間関係も至って良好で、その点非常に恵まれていると思う。中でも私にとって特にありがたいと思っているのが、業務のマニュアライズとオートメーションが徹底している点だ。今の職場は、シ…

向晩的迷途指南

今後は気が向いているときにブログを更新していきます。まだまだ書くモチベーションがあるので、続く限りは積極的にやっていきたいです。さて、ここで文体を変えていきます。近況報告でもない限りは常語で行く予定。 今日は新しい仕事の初日ということで、オ…

絶望は私を鍛え、希望は私を動かす

ブログって、本当に書きたいと思った時に書かないと、全然書かないものですね…。相変わらずサボりがちですが、先日、この通り米国からCCNAの合格証書が届きました。現在は6月中のLPICLevel1取得に向け勉強中であります。Linuxはこちらの世界に身を投じること…

すばらしい新世界

2週間ぶりの更新です。さて、今回は前々回の記事でも触れた話を少し掘り下げてみたいと思っております。世の中の恣意性についての話です。まずは記事の当該箇所を引用します。 もう少し世の中の恣意性に早く気づき、対策を講じたかった、と振り返ってみて思…

Burn my dread

今日もぼちぼち生きております、Kamikamiでございます。今後は忙しくなって更新がしにくくなると思うため、今のうちに言いたいことは言っておきたいと思います。前回の記事で「~するべき」「~しなければならない」ではなく「~したい」と思うことをするこ…

わたしはどこから来たのか わたしは何者か わたしはどこへ行くのか

ご無沙汰しております。2月、3月といろいろありましたが、20代後半にしてようやく正社員としての職をゲットし、今月20日に入社することに相成りました。Kamikamiでございます。今まで就職がうまくいかなかった理由。それは大学在学中から公務員試験に、公務…

近況報告

ご無沙汰しております。たまには近況報告をば。現在、サーバエンジニア目指して2か月間、サーバを動かすOSであるLinuxの講習を受けている最中です。2か月の講習後に履歴書や面接についてのアドバイスや練習を経て、就職活動に移る、という流れの講座です。1…

悲しみを、アポカリプスが悪意に変えるなら、僕はその悪意を引き受ける

前回の記事からつながる話になりますが、社会が厄介なのは人の悪意によって傷付くことよりも、善意あるいは影響を意図しない言動によって傷付くことが多い点です。私は書店勤務の経験がありますが、現在流行っている「嫌中・嫌韓本」や「外国に感謝される日…

夢とはいかなるものか。持っていても辛いし、無くても悲しい。

ノートPC(Windows8.1)を新調したので、だいぶブログを更新するのが楽になったと思います。はい。前回、社会とはうかうかしているとあっという間に流されるような場所であり、流されず生きていくためのヒントが「したいこと」と「すべきこと」の区別という話…

僕は、人の魂の輝きが見たい

唐突ですが、私は人間が寄り集まってできた社会なんてとんでもない、ろくでもないものだと認識しています。社会の中で生きるということは、ちょうど急流を舟で渡るようなもので、うかうかしていると自分の意志とは無関係にどこかに流されてしまう。「社会」…

ないんだったら、自分で作ればいいのよ!

「生きる意味」って何だろう。誰でも考えたことがあるテーマだと思います。そして考えれば考えるほど、思考の迷宮にハマってしまうことも…。結論から言ってしまえば、考えるだけでは埒が明かないテーマです。私の場合は高校、大学時代、そして大学卒業後と、…

世の中、そういうもんでしょ。世の中って厳しいっすよね

どうせ働きだしたら書く時間も心身の余裕もなくなりそうなので、時間も気力も持て余している今のうちに書きたいことを書いていくスタイルを貫きます。最近Twitterで痛感したことを一つ述べたいんですが、それは「無能な働き者」の害悪です。特にいわゆる政治…

私は世界に殺されない

いつも記事を更新するのが億劫になって仕方ないKamikamiでございます。大学を卒業して以来フリーターとして過ごしていましたが、この度ようやくフリーターを脱却することに成功したという転機が訪れたので、これをきっかけにブログの更新を再開することに相…

巧詐不如拙誠

タイトルの「巧詐不如拙誠(巧詐は拙誠に如かず)」とは中国戦国時代の古典『韓非子』説林篇の言葉で、「巧みに人を欺くやり方は、拙くとも誠実なやり方に及ばない」という意味合いである。これは私が座右の銘にしている言葉だが、これは創作の世界でも当ては…

元高二病が語る高二病についてのちょっとした論考

「高二病」という言葉を知ってから日は浅い。その定義は「中二病」*1に対する反動として捉えられているが、いろいろと興味深い点が多いので、高二病について少し考えてみることに。以下に挙げるのは高二病の症状の典型例である。 1 物語やその設定のいわゆる…