L'aube de l'horizon

ごきげんよう

2017年9月の読書

9月の読書メーター
読んだ本の数:9
読んだページ数:2088
ナイス数:23

ギリシア神話を知っていますか (新潮文庫)ギリシア神話を知っていますか (新潮文庫)感想
時に真面目に、時に軽妙にエッセイ風にギリシャ神話の物語を解説した本。個人的には初めて知ったヘラクレスの母アルクメネやヘクトールの妻アンドロマケの逸話が印象に残った。ギリシャ神話の女性は恋愛(性愛)以外の情も強い。
読了日:09月04日 著者:阿刀田 高
風の男 白洲次郎 (新潮文庫)風の男 白洲次郎 (新潮文庫)感想
自分の中で名前だけは知っていたけど、事績は知らなかった人代表格・白洲次郎の評伝。マッカーサーGHQにも直言を辞さず、小人物とみなした人間には取り合わなかったその人となりは、金に糸目をつけなかった父親の薫陶やケンブリッジ大学留学の賜物によることを本評伝は雄弁に語る。事績よりもその立ち居振る舞いで有名な人であるだけのことはあった。惚れる人が多いのもわかる。
読了日:09月11日 著者:青柳 恵介
青の時代 (新潮文庫)青の時代 (新潮文庫)感想
戦後間もない頃に闇金融業を営んで一世を風靡し、光クラブ事件の疑惑の末に自ら命を絶ったカリスマ東大生・山崎晃嗣の人生をモデルとした小説。父親への反抗心、理屈っぽく世間に対して斜に構えるも「お金しか愛していない」という女に騙される性質、仕事はおろか私生活に至るまで分刻みのスケジュールを組まないと気が済まないという執念といった主人公・川崎誠が抱える特異性が迫真的だった。文体そのものは三島由紀夫のものらしく読みやすいが終盤は竜頭蛇尾気味か。
読了日:09月16日 著者:三島 由紀夫
新訳 アーサー王物語 (角川文庫)新訳 アーサー王物語 (角川文庫)感想
魔術師マーリンの登場からアーサー王の死までのアーサー王伝説を網羅する。断片的には知っていながらも、今まで体系的に学ぶことのなかったアーサー王伝説について一通り浚うことができた。訳がやや古いけど、内容はまとまっていて読みやすい。
読了日:09月20日 著者:トマス ブルフィンチ
吸血鬼ちゃん×後輩ちゃん1 (電撃コミックスNEXT)吸血鬼ちゃん×後輩ちゃん1 (電撃コミックスNEXT)感想
Web連載時から注目していた吸血鬼ものの百合漫画。局部は隠しているのに、吸血行為がそのへんの性行為よりもずっと背徳的でエロいのがすごい。完璧さを求められてきた生徒会長のアイリスがコミュ力ゼロの後輩沙羅に引き込まれていく過程も好き。それにしても続きの気になる幕引きよ。吸血鬼ものに外れはない!?
読了日:09月28日 著者:嵩乃朔
世紀の空売り―世界経済の破綻に賭けた男たち (文春文庫)世紀の空売り―世界経済の破綻に賭けた男たち (文春文庫)感想
2008年に起こったサブプライム危機を主題とした映画「マネー・ショート」の原作にあたるノンフィクション小説。低所得の移民など低信用者向けの住宅ローンを回収できないリスクを抑えるための債権そのものを細切れにして金融商品として広く販売した結果、住宅バブルが起こったものの、ローンの返済が困難になった債務者が続出して金融危機が起こったという、サブプライム危機の仕組みを浮き彫りにする。その一方でバーリのようにバブルの実態を察知するものもいたが…。こうした合成の誤謬を見抜いた人が必ずしも報われないという現実が苦い。
読了日:09月29日 著者:マイケル・ルイス
明るい記憶喪失 1 (MFC キューンシリーズ)明るい記憶喪失 1 (MFC キューンシリーズ)感想
記憶を喪失したアリサと同居人のマリの生活を描く、記憶喪失という重めのテーマに反して、タイトル通り内容はライトな百合ラブコメ4コマ漫画。気が付いたら自分好みの相手と同棲していたという筋書きだが、アリサがとにかくマリに対してこれでもかと言わんばかりにストレートに好意を向けてくるので、真面目でクールなマリも彼女と上手いことやっていけているというなかなか素敵な作品。
読了日:09月29日 著者:奥たまむし
明るい記憶喪失 2 (MFC キューンシリーズ)明るい記憶喪失 2 (MFC キューンシリーズ)感想
1巻から明るい雰囲気は続くも、同棲生活を送る中ならでは(?)の問題も浮上してきて、なかなか一筋縄とはいかないあたりが何とも面白い。アリサ、記憶を失う前から性格が変わっていないなあ…。次回はアリサが記憶を失った経緯に触れるそうで楽しみである。
読了日:09月30日 著者:奥たまむし
あの娘にキスと白百合を 3 (MFコミックス アライブシリーズ)あの娘にキスと白百合を 3 (MFコミックス アライブシリーズ)感想
園芸部の二人、拗れすぎだろうという感想。この二人の姿が白峰×黒沢コンビの行く末を暗示しているような気がしてならない。
読了日:09月30日 著者:缶乃

読書メーター