行雲流水

ごきげんよう

20171216_ガルパン最終章1話とストクラオフ会

相変わらず更新サボりがちですね。自分のブログのトップページに移るのすらどうしても億劫に感じてしまう。反省。

ガールズ&パンツァー最終章

この日はまず行きつけの映画館となった新宿バルト8へ「ガールズ&パンツァー」最終章を見に行った。やっぱりガルパンはいいぞ
f:id:kamikami3594:20171217204056j:plain

ここでは簡単に書くが、初っ端から出鼻を挫かれた。もちろんいい意味で。第一声から桃ちゃんこと河嶋桃の叫びに始まったあたりから何かが起こる予感はしていた。留年(浪人)の危機に陥り、大々的にこの事実を号外として報じられてしまう桃ちゃんのポンコツ具合に終始草を禁じ得なかった。

それにしても桃ちゃん、人望と人脈はしっかりあるんだな、と。ひょんなことから大洗のヨハネスブルクと称される学園艦の奥部で知り合った船舶科の面々といろいろあった末に意気投合。リーダーのお銀を筆頭にかつて退学を阻止してくれた桃ちゃんへの恩を返すためにサメさんチームとして大洗の戦車道チームに加わる。戦車を薫製を作るために使っていたという大雑把さというか型破りさに、当初の戦車捜しを思い出す。

桃ちゃんのAO入試のための実績作りとして無限軌道杯スパイの秋山殿にエスカレーター組と受験組の対立構図を見せて偽情報を持ち帰らせるあたり、厳島の戦い毛利元就かと思った。これが功を奏して隘路にして大洗チームを一列にならざるを得ない一本橋までおびき寄せるあたり、BC自由学園は策士だと感心。そして最後の最後で「玉葱の歌」*1
が流れたけど、これって元々行進曲だったのを知らなかった。

第1話はここまでだけど、続きの展開が気になりすぎて待ち遠しい。

六本木

ガルパン最終章を見終わった後は、大江戸線に乗って一路六本木へ。六本木に行くのは初めて。六本木ヒルズの中にはドイツ風の出店もあって、気になっていたカリーヴルストを食すことに。ソーセージのスパイスとカレー粉の香味が美味。
f:id:kamikami3594:20171217204057j:plain
f:id:kamikami3594:20171217204100j:plain

六本木ヒルズおよびテレビ朝日本社に隣接する毛利庭園。テレ朝の天気予報で映る長府藩毛利家の庭園ということで知っていたけど、意外とこじんまりとしていた。でも落ち着くきれいな庭園だ。
f:id:kamikami3594:20171217204059j:plainf:id:kamikami3594:20171217204058j:plain

ストクラオフ会

この日のメインイベント、六本木ヒルズフィンランド料理店でのストライクウィッチーズクラスタのオフ会。ミリタリー風アニメのソ・ラ・ノ・ヲ・トオフ会ことソラヲフ経由で参加することになったのは内緒だよ!(オイ

フィンランドと言えばスオムス。エイラやニパをはじめ、スオムス勢の改めて実感。彼女らがサーニャやサーシャといったオラーシャ勢と何故か仲良くなりがちなんて話もあったっけか。現実のフィンランドとロシア(ソ連)の仲はあんだけ悪かったのに。

それにしても文化庁推薦なのに登場人物の格好が際どいスト魔女。でもその割に登場人物全員に見せ場があるため、犯罪スレスレのコアなファンが多いスト魔女。そのためかストクラには特殊性癖の持ち主が多いという話題に花が咲いたけど、何となくわかる。特にペリーヌとかミーナ隊長あたりのアイコンのアカウントは特に。ストクラの深淵を覗いたら、深淵に覗き返されたような思いだ。

こちらがフィンランドをイメージした料理の数々。

f:id:kamikami3594:20171217204102j:plainf:id:kamikami3594:20171217204103j:plainf:id:kamikami3594:20171217204104j:plainf:id:kamikami3594:20171217204105j:plain

なんか写真が女子会っぽい。味は重要だけど、見ても楽しいと食べることそのものも楽しくなってくる。きっとインスタ映えするよね。

多人数が話している中では口数が少なくなりがちな自分だけど、今回は楽しく時間を過ごすことができた。次回はもう少し自分から話しかけてみたいな。

おまけ

六本木から渋谷まで歩いてから解散後の話だけど、締めに渋谷の天下一品でこってりラーメン&唐揚げを頂く。やはり天一はいい文明。これは食べるドラッグだ。今回食べ物の写真が多い…。
f:id:kamikami3594:20171217204107j:plain

というわけで忘年会シーズンに楽しい経験をさせて頂いた。また機会があれば行きたい。

*1:日本だと「クラリネットこわしちゃった」の歌詞で有名なあのメロディ