疾風勁草

子曰く、歳寒くして然る後に松柏の凋むに後るるを知る

雑記

巧詐不如拙誠

タイトルの「巧詐不如拙誠(巧詐は拙誠に如かず)」とは中国戦国時代の古典『韓非子』説林篇の言葉で、「巧みに人を欺くやり方は、拙くとも誠実なやり方に及ばない」という意味合いである。これは私が座右の銘にしている言葉だが、これは創作の世界でも当ては…

元高二病が語る高二病についてのちょっとした論考

「高二病」という言葉を知ってから日は浅い。その定義は「中二病」*1に対する反動として捉えられているが、いろいろと興味深い点が多いので、高二病について少し考えてみることに。以下に挙げるのは高二病の症状の典型例である。 1 物語やその設定のいわゆる…

12/30 神田神保町古書店巡り

池袋を後にした私は、一路山手線で神田に向かいました。時間をつぶす前々から行きたいと思っていた神保町に行くために。年末というだけあって、営業中の古書店は少なめでした。ですが、それでもなかなか他の書店ではお目にかかれない本を購入することに成功…

Kamikamiの年の瀬

皆さま、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。 今までろくすっぽ更新してなかったけど。そんな私が久しぶりに更新するのは、コミケ3日目への参加*1に当たっての一連の記録を残すため。 池袋→神田→神田神保町→新宿→東京ビッグサ…