L'aube de l'horizon

ごきげんよう

きみの声をとどけたい

実際は見てからしばらく間が空いたけど、こういう見ていて清々しさを感じる映画の感想はなるだけ積極的に述べていきたい。最初は新宿の劇場で見ようと思ったけど、当日の上映時間を逃して錦糸町まで足を運ぶことになったけど、その甲斐は十二分にあった。

kimikoe.com

コトダマの力

続きを読む

プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い

アニメ版「Fate/Zero」からFateに入り、現在はFGO漬けの日々を送るダメ人間による劇場版「プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い」の感想。Fateシリーズの設定の知識はあること前提でのお話となります。

anime.prisma-illya.jp

事実上のプリズマ☆シロウ

続きを読む

2017年8月の読書

8月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:1105
ナイス数:27

雪の鉄樹 (光文社文庫)雪の鉄樹 (光文社文庫)感想
読み終えて、読者を引き込む訴求力抜群の小説だと思った。自分の育った複雑な家庭環境や過去の贖罪意識に囚われる主人公雅雪に沿って、彼の人生を否応なく追体験することとなった。どこか真面目で潔癖さすら感じさせる一方で、食器皿を灰皿として使ったことを舞子から咎められて自分の歪さを悟らされるシーンがあるように、彼の人生が変わっていくあたりに読み応えがあった。
読了日:08月31日 著者:遠田 潤子
あかりの湖畔 (中公文庫)あかりの湖畔 (中公文庫)感想
とある山の頂上で食堂を経営する一家の三姉妹を中心とした作品。誰しも人に言えない秘密を抱えて生きている、ということがテーマで、たとえ秘密があっても許し合える雰囲気があった。妹二人が自立しつつある中、長姉の灯子だけが家に残って現状維持の生活を続けようとしているのが印象深い。
読了日:08月26日 著者:青山 七恵
観応の擾乱 - 室町幕府を二つに裂いた足利尊氏・直義兄弟の戦い (中公新書)観応の擾乱 - 室町幕府を二つに裂いた足利尊氏・直義兄弟の戦い (中公新書)感想
「日本史上最大の兄弟喧嘩」と称される観応の擾乱を概説。保守的な印象の足利直義と新興武士に支持される革新的な人物とされてきた高師直(と足利尊氏)の対立構図を前提とする通説を改める最新の知見が盛り込まれている。南北朝の抗争も重なって泥沼の時代にあったのがこの観応の擾乱であったという位置付けができた。足利尊氏、同じ幕府創設者の源頼朝徳川家康と比べると影が薄かったけど、割と人間味があって魅力的に映った。
読了日:08月08日 著者:亀田 俊和

読書メーター

8/5 山梨への旅

久々に自動車を運転して家族で山梨方面へ。山梨に行くのはちょうど7年ぶりか。

明野町のひまわり畑

f:id:kamikami3594:20170820204613j:plain

続きを読む

2017年7月の読書

7月の読書メーター
読んだ本の数:9
読んだページ数:1550
ナイス数:44

私は君を泣かせたい 1 (ヤングアニマルコミックス)私は君を泣かせたい 1 (ヤングアニマルコミックス)感想
本音を隠しがちな優等生の羊と、イメージに反して涙脆いハナという二人の関係がなかなか絶妙だった。互いに本音で語り合える仲は素敵だ。
読了日:07月01日 著者:文尾文
ときめく、はじめての。 (百合姫コミックス)ときめく、はじめての。 (百合姫コミックス)感想
前作「ハミングガール」から引き続き甘めの展開が多い短編集。ストレートに読み手の気分をドキドキさせてくる。わざとらしすぎない展開も好感度大。
読了日:07月01日 著者:野中 友
明日、きみに会えたら1 (百合姫コミックス)明日、きみに会えたら1 (百合姫コミックス)感想
2000年と2015年の間を行き来する少女(女性)たちの物語。意識だけ15年後に飛ぶために戸惑いを隠せない展開が多く、なかなかシビアな作品だと思った。
読了日:07月01日 著者:あおと 響
いつか私は、君を裏切る (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)いつか私は、君を裏切る (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)感想
ダークな学園百合ミステリーといった趣の作品。ミステリーとしてはシンプルなものが多く、ミステリーを読み慣れない自分でもすぐに解けるものがほとんどで、その分人間関係や心理描写に力が入っていたという印象。西尾維新作品やダンガンロンパの世界観で百合をやると本作のようになるのかもしれない。
読了日:07月01日 著者:桜井 瑞希
Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! (1) (角川コミックス・エース 200-3)Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! (1) (角川コミックス・エース 200-3)感想
もう一人のイリヤことクロエが初参戦。彼女が加わったからか、お色気シーンが劇的に増えた感がする。
読了日:07月10日 著者:ひろやま ひろし
Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! (2) (角川コミックス・エース 200-4)Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! (2) (角川コミックス・エース 200-4)感想
イリヤに殺意を抱いていたクロエも、イリヤのおかげで晴れて(?)家族の一員に。そして母は強し。
読了日:07月11日 著者:ひろやま ひろし
Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! (3) (角川コミックス・エース 200-5)Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! (3) (角川コミックス・エース 200-5)感想
バゼット戦。ここに来て熱いバトルが繰り広げられるようになった。封印指定執行者は生身なのになんちゅう強さだ。
読了日:07月12日 著者:ひろやま ひろし
Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! (4) (角川コミックス・エース 200-7)Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! (4) (角川コミックス・エース 200-7)感想
アイスキャンディ屋に落魄、じゃなくてジョブチェンジしたバゼットさんの前巻とのギャップが激しい。そして大物が登場する予感…。
読了日:07月13日 著者:ひろやま ひろし
Fate/kaleid liner プリズマ)しろほし)イリヤ ツヴァイ! (5) (カドカワコミックスAエース)Fate/kaleid liner プリズマ)しろほし)イリヤ ツヴァイ! (5) (カドカワコミックスAエース)感想
子ギルは大人になった自分とは大きく違うとは言うけど、表面上の態度と自分の性格についての自覚の有無という違いがあるぐらいで、結局中身はあの英雄王ギルガメッシュだよなあと思う。戦闘力といいキャストオフするあたりといい。それにしても乖離剣エアに打ち勝ってしまうイリヤもすごい。
読了日:07月14日 著者:ひろやま ひろし

読書メーター